FC2ブログ

記事一覧

休日の雑談

7月19日(日)

先日の台風11号、あちこちで大雨を降らせましたが、台風が過ぎた後も天気が回復せず、毎日雨が降ったり止んだり。

なので、昨日、一昨日は電車とバスで通勤。



公共機関での通勤、片道550円ですから、交通費はバカになりません。明日辺りからは晴れそうなんですけど。

この4日間は雨なので、自転車には乗るどころか触ってもいません。当然、ブログ的に自転車ネタはないです。

そんな訳で、今日は雑談の予感。

いつもの休日は、奥さんが休みでない限りレオ、ロッキーとお留守番なんですが、子供が夏休みに入ったので、子供は宿題、私はブログ書き、といった感じ。

で、夏休みの宿題といえば「夏の友」。ヒイヒイ言いながらやり切った方もみえると思うんですが、最近の夏の友は、私の時代と違ってほとんど読んで終わりなんですね。なので、しっかり読めば1日で終了可能。羨ましいですねぇ。

まず今日の金魚。



水槽を変えてから数日経ち、水が少しづつ澄んできました。まだ濾過バクテリアが十分ではないのでキチンと濾過はできていないんですが、1~2週間もすればもっと水が澄んでくると思います。

金魚や熱帯魚を飼う時、水を綺麗に保つため濾過をします。濾過には、物理的濾過と生物的濾過があって、物理的濾過は、文字通り飼育水のゴミをフィルターを使って取り除くことです。対する生物的濾過は、飼育水に溜まり続ける有害成分を、バクテリアの力で無害な物に変えることなんですね。物理的濾過は即効性があるんですが、生物的濾過はバクテリアが増えてこないと機能しませんから、少し時間がかかります。

この濾過ですが、60㎝水槽程度で魚を数匹飼うくらいなら簡単なんですが、魚が増えたり大きくなる、あるいは水槽そのものが大きくなると大問題になってきます。

濾過された飼育水も、時間が経ってくると有害無害問わずに「余計な」成分が溜まってくるので、それを排出するために「水換え」をします。

意外に思うかもしれませんが、60㎝の水槽って水が70ℓ近く入ってます。3分の1の水換えでも23ℓ、バケツ2杯分くらいになりますね。この位ならまだいいんですが、90㎝、120㎝と水槽が大きくなると、交換する水の量が、あっとゆう間に50ℓ、100ℓと増えていきます。それでも水換えで済んでいるうちはまだよくて、飼育環境が極端に悪化したり、病気で薬を使ったりすると、水槽の中身を全部出して、水の全交換になることもあるんですね。

これは大変です。

でも全交換ができるならまだマシ。水族館クラスになると全交換などは不可能で、一度動かしたらもう止められません。なので、濾過装置は水族館の生命線。細心の設計で強力な濾過装置が設置されています。
名古屋港水族館を例にすると、水族館全体で、100万世帯が暮らす都市の水を濾過できる設備になっているとか。
動物園に比べて、水族館は入場料が高い傾向があるんですが、この莫大な設備を維持するために費用がかかるので、いたしかたないことなんですね。

話が大きくなってしまいましたが、ともかくウチの水槽は平和そのものです。

今日のロッキー。



今朝はパクパク餌を食べていて、一時期より元気になってます。調子を崩す前に戻った感じですね。

今日のレオ。トリミングしてもらってサッパリしました。

ビフォー



アフター



ちょっと分かりにくいかもしれませんが、毛で隠れていた目が見えるようになりました。

明日からは天気が良くなるとの予報。また自転車で通勤できそうですね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるちゃん

Author:まるちゃん

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック