FC2ブログ

記事一覧

サドル調整

2月2日(火)

久しぶりにサドルの調整をしました。



最近、自転車に乗っていると、お尻が前にズレるようになってました。

私はサドルの後ろの方に座る癖があるんですが、走っている間に、段々お尻が前にきてしまうんですね。

て、座り直す。でもまたズレる、また座り直す…。

この繰り返しです。

「セッティングは触ってないけどなぁ…」

現在のマウンテンバイクに乗り始めた頃、色んなセッティングを試しました。

セッティングしてしばらく走る、しっくりこなければ再調整。で、また走るを数ヶ月繰り返し、ようやく今のセッティングになりました。

その頃は自転車の知識もなく、乗った感じでアレコレやってたんですね。

それが最近、どうもしっくりこなくなってきたんです。

色々原因を考えてみたんですが、一つは昔とフォームが変わってきたのかもしれません。

これまで何度かお伝えしてきたんですが、膝を痛めて以来、自己流ですがフォーム改善に取り組んできました。
ペダルの踏み方や踏む位置、膝が外に向かないことなどを気を付けるようにしてるんですね。

その結果、今のフォームとサドルのセッティングが合わなくなってきたのかも、と思ったんです。

自分のフォームを点検しながら走ってみると、まず拇指球でペダルを踏むようになってました。

ここから先は、「私の場合は」とゆう話になります。

拇指球でペダルを踏むようになると足首の位置が少し高くなります。結果的に膝の位置も上がるんですが、そうなると太ももがより水平に近づきますよね。

このままでは窮屈なので、自然と骨盤が起きてくる。

文章だと分かりにくいなぁ…。

要は、しゃがんでお尻を触ると骨が出っぱったところがあって、そこでサドルに座るようになってたんですね。

骨盤が起きてくると背中が丸くなってきますから、その分お尻が前に出ることになります。

これが、お尻がズレる原因かと。

お腹を引っ込め骨盤を立てて乗るのはセオリーですから、これはこれで良いと思うんですね。

ちなみに、骨盤を立てて乗るのは、お尻の痛み防止に役立ちます。

それはともかく、走行中に何度も座り直すのでは落ち着きませんから、サドルのセッティングを少し変えてみた、とゆう訳です。

通勤の行き帰り、何度かサドルをいじり、最終的にはサドルを1cm前に出し、なおかつサドル先端を少し上げました。

これで結構しっくりくるようになり、お尻のズレも少なくなりました。

サドルは気になりだすと際限がなくなりますし、セッティングが決まるまで時間がかかるので触るか止めるか迷ったんですが、幸い今回は、それなりにハマってくれました。

まぁ、改善した(かな?)とはいえ、ある程度の距離を走らないと、ホントに合ってるかは分からないんですけどね。

基本的なサドルの前後位置の合わせ方を紹介すると、ペダルの軸を拇指球で踏みクランクを前に水平にした時、拇指球と膝を結ぶ線がクランクに対して直角になる位置にサドルを合わせ、後はサドルを水平にして完了となります。

高さの合わせ方は別の話しなので、今回は割愛。

さて、この新しいセッティング、このまま本決まりになればいいんですが。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるちゃん

Author:まるちゃん

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック