FC2ブログ

記事一覧

チャークロス作り・前編

火打ち石その②、「チャークロス作り」です。

チャークロスとゆうのは、木綿の布を蒸し焼きにして炭化させた物で、着火しやすく、火打ち石の弱い火花でもくすぶるので火口に使います。
因みに、麻紐の繊維に直接着火しないか試してみたんですが、全く火が着かなかったので、やっぱり何がしかの着火材は必要ですね。

動画による作り方は、

・小さな蓋付きの缶と木綿の布を用意する
・缶に小さな穴を開け、布を入れる
・缶を炭火や燠などに入れ蒸し焼き
・缶の穴から煙が出なくなったら完成

と、なってます。

動画では、布の入った缶の蒸し焼きを「薪ストーブ」でやってました。
「簡単ですね」と言われてるんですが、我が家には薪ストーブなんぞありません。

「チャークロスを作る為に焚き火をしたり、炭火を起こしたりするのもなぁ…」と、思ってたら、オーブントースターでチャークロスを作ってる方がみえました。
今回はコチラの方法で作ってみましょう。

材料は古い綿の短パンのポケットの内側を使ってみます。
10㎝四方くらいの布を二枚。



布をアルミホイルで包み、何ヶ所か穴を開けオーブントースターへ。



加熱が始まると煙が出て…、くるはずなんですか、我が家のオーブントースター、古いせいかサーモスタットが頻繁に作動し、数分加熱しては停止を繰り返すんですね。
なので、15分のタイマー中、加熱時間は半分くらい。
30分かかって中身はこの程度。少し茶色くはなってますが、炭化には程遠いですね。



加熱が上手くいってない様子なので、ガスコンロに網を置き、その上で加熱してみます。



20分加熱しましたが、まだまだ…。



埒があかないので直火で実力行使。5分くらいで煙が出てきました。



20分くらいで煙が収まってきたので中身を確認。
…何だか粘着質の黒い物体が…。

布は、溶けた感じでアルミホイルに張り付き、チャークロスにはなってません。
失敗ですね。



ならば、と、今度は穴を開けた空き缶に布を投入し加熱してみます。 



穴から煙が出てきました。ここまでは動画の作り方通りです。



20分経過。煙が出なくなったので、冷ましてから中身を確認。

やっぱり溶けてます。
カリカリの燃えカス…。



上手くいかない理由は色々とありそうですが、焦げるのはともかく「溶ける」のは材料の選択が間違ってるのは明らか。

布を変えてみます。

ポケットの内側ではなく表地にしてみます。
欲張らず小さめのサイズで、包み方も丸く隙間を持たせるのではなく、折りたたんで平にしてみました。



これをオーブントースターで、15分×3回加熱。
中身はこんな感じで炭化は進んでますが、このペースだと完成まで何分かかるやら…。



この日はここで作業終了。

後半へと続きます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるちゃん

Author:まるちゃん

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック