FC2ブログ

記事一覧

自転車いじりパート2

前回の続き、ディレーラー調整編です。

マウンテンバイクがやって来た当初、左のシフターが作動不能でフロントはミドル固定とゆう状態でした。

色々ググってみると、DeoreDXのシフターは、中のグリスが固着して作動不良になる場合が多い事が分かり、分解の様子を細かく掲載していたサイトなんかもあったんですね。
で、ダメ元でオーバーホールしてみたら、これがあっさり直ってくれました。

でもその後ディレーラー調整に失敗。ショップに持ち込んでワイヤー交換と調整を御願いする羽目になったんです。

なので、ディレーラー調整はトラウマになってました。

しかし今回は、N氏が貸してくれたシマノの取説があり、そこにはバイオペースについての記述もありました。

「これならイケるかも」

と、何度も確認して作業開始。

ところが、です…。

何回やっても取説通りの調整ができません。ミドルを飛び越えてインナーに変速したり、チェーンがアウター側に外れたりで、どう調整してもセッティングが決まらない。

「おかしいなぁ…」

そして、10回目くらいの再調整の時でした。

グギッ!

「あっ!」

嫌な感触とともに、レバーがあらぬ角度まで動いたじゃありませんか!。

「やべぇ!」

あわててシフターを外して分解。

(頼むから無事でいてくれぇぇ!)

が、既に手遅れ。

ケースは割れるわスプリングワッシャーは飛ぶわ、ワイヤーを引っ張るブラスチックパーツも変形。

もう最悪。

組み直してはみたものの、完全に逝ってしまいました。

白丸の部分が割れました。



ここにあったスプリングワッシャーが無くなってます。



奥の白いプラスチックパーツが変形してます。




こうなるとディレーラー調整どころでありません。

幸いワイヤーにテンションは掛かっていたのでミドル位置で固定。

乗る事はできますが、部品が入手困難なので修理の見込みはありません。

もちろん現行品でも3×7s対応のシフターはありますが、DeoreDXはシフター台座とブレーキ台座が一体化しているので、ブレーキレバーを変えるかシフター部の台座をカットするかしないと取り付けできません。

仕方なくフロントはシングルで、と諦めました。

ところが、「捨てる神あれば拾う神あり」とはよく言ったもので、救世主が現れました。

ご存知、自転車師匠のN氏です。

「シフターが壊れた?。う~ん、有るかもしれんから待ってろ」との話で、数日後、ホントにシフターとブレーキレバーを左右一組届けてくれたんです!。
もう感激でした。

コレがそのパーツ



とゆう訳で、自転車いじりパート3へと続きます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるちゃん

Author:まるちゃん

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック