FC2ブログ

記事一覧

自転車いじりパート6

さて、今まで書いてきました「自転車いじり」シリーズ。

全てここ2ヶ月間くらいの出来事なんですが、他にもブレーキパーツ磨きと調整、リムのシュー当たり面の研磨、ペダルを外してクランク磨き、テールライト取り付けなどと色々やってました。

この角度から見るフロント周り、20年近く経過した自転車にしてはキレイだと思いませんか?。



カンチブレーキ。



真面目にやれば、リムとの隙間やシューのトーインなど結構キチンと調整できます。
効きも十分。

リムのシュー当たり面を、砥石と紙ヤスリで整えました。



スッキリとシルバーにしたかったんですが、リムは塗装ではなくアルマイト処理(表面を化学処理して素材自体に被膜を作る加工法。塗装より丈夫)だそうで、色を全て落とすにはかなり削らないといけません。
必要以上の研磨はリムの寿命を縮めますので、凹凸を無くす程度でやめました。

そういえば、ペダルも塗装しました。



錆てきてたので一度シルバーに塗ったんですが、似合わないので元のブラックに塗り直しました。

テールライト。



希望としてはキャッツアイとかの小振りな物が欲しかったんですが、事情があって休職中の身ではわがまま言えません。
なのでこれはダイソーで購入。

本来はママチャリ用らしく、マウンテンバイクのシートポストは太すぎて合わなかったんですが、ちょっと加工して無理矢理つけてます。

発光パターンも何種類かあり、意外と実用的。

その他、欲を言えばチューブをフレンチに変えたいとか、チェーンを交換にしたい、ブレーキワイヤーの新品があるのでチドリ共々交換したい、錆てるボルト類やクイックレリーズ、シートクランプを新しくしたいし、立ちゴケや止まり損ないでキズついたフレームを塗装したい等々、やりたい事は沢山あります。
とにかく、BBとチェーンは早めに交換したいですね。

さて、最後の話題はフロントタイヤ。

マウンテンバイクを譲り受けた一年前は、片道12キロをブロックタイヤのまま通勤してたんですね。

これが舗装路ではちょっと辛い。

重いのもありますが、ブロックタイヤって、段差へ斜めに突っ込むと、乗り上げるのではなく外へ弾かれるんです。

なので町乗りには意外と気を使いますし、恐い思いも何度かしました。

マウンテンバイクに乗り始めてすぐ、今の26インチ/1・50HEのタイヤに交換したんですが、走るとフロントタイヤからペタンペタンと音がしてたんですね。

これについてはN師匠とも何度か話してたんですが、原因はについては

・タイヤの問題
・チューブの問題
・リムの問題

など色々考えられるんですが、よく分からなかったんです。

で、前にリヤの振れ取りをやってましたので、昨日、フロントも見てみようとタイヤを外したら…。

チューブと一緒に紙切れがでできたんです。



よく見たら、これがタイヤの取説。
出てきた位置も、音が出てた場所と一致してます。

取説入れたまま、一年間乗ってたんですねぇ…。

組んだ時、ペタペタ音が気になって、チューブのねじれなど何度も点検したんですが、結局タイヤの裏側は見てなかったんですね。

ボロボロの取説、復元してみました。



A4サイズの取説が、折り畳まれてチューブとタイヤの隙間に挟まってたんですから、そりゃあ音も出ますよね。

これに気付かなかったとは、情けないやら呆れるやら。

まぁ、一年前は自転車の知識が無くて、クイックレリーズの扱い方も分からない程でしたから、これも経験。

原因が分かったところでタイヤの組み直し。

が、タイヤレバーでチューブを噛み込んでしまい、パンク修理とゆう余計な作業が増えてしまいました。

肝心のペタペタ音、スッキリと収まったのは言うまでもありません。

とゆう訳で、自転車いじりシリーズは一応終わります。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるちゃん

Author:まるちゃん

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック