FC2ブログ

記事一覧

やっとできた

5月23日(金)

進呈用のアルコールストーブがようやく完成。

本体はできてたんでずか、ゴトクがなかなか…。

話を整理するため、基本的な事柄を。

屋外ではたいがい風が吹いてます。無風とゆうのは殆どありません。
また、アルコールストーブは、あまり感じないような微風でも影響があるんですね。

ネット上では色々な方が様々な風防やゴトクを作ってみえますが、野外使用の風防って、基本的にこんな構造だと思います。



ポイントは

・大き目の風防で炎に風を当てない。
・排気を逃がすため、風防とクッカーに隙間をあける。
・熱を無駄にしないため、風防上端とクッカー底を重なるように配置。

になるでしょうか。

現在は、クッカー大に針金を渡して、そこにクッカー小を載せて使ってます。



これで問題ないんですが、進呈用となると話は別。
クッカー小を載せる針金は、クッカーに合わせて作ってますから、使うクッカーが違えば針金は作り直しになるんですね。

で、ここからが本題ですが、私は進呈先のクッカーを見たことありません。
当然サイズも分かりませんから、針金の作りようがない。

また、進呈先の友人もアルコールストーブ自体初めて手にするらしく、できる事なら「どんなクッカーでも、そのまま使える状態で渡してあげたい」んですね。

そこでゴトクの登場。

要は、クッカー大の中で、一定の高さでクッカー小が保持できればOKなんですね。

でも作ってみると、これがなかなか…。

最初に作ったのはこちら。



百均のステンレス排水口を切って作った十字ゴトク。

「おお、意外と簡単」

と思いきや、使ってみると問題山積み。

・着火性が最悪。
・火力が上がって燃費悪化。
・燃焼修了間際に、ブフォッ!と火柱。

これでは渡せませんがな…。

どうやら、センターホール差し込み式にしたのが失敗みたいです。

とゆう事で、やりなおし。

次は針金製。



これは見た目も良く、火柱も上がりません。
でも、クッカーを乗せるとやや不安定。

廃品をあれこれやってるうち、百均の米用計量カップが、ストーブのバーナー部にピッタリとハマるのを発見。

「おお、これは使える!」

とゆう訳で、2台失敗した末にできたのがこちら。



チューリップ型ゴトクです。

バーナー部にピッタリして安定してますし、この形なら燃焼に影響ありません。

ようやく完成しました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるちゃん

Author:まるちゃん

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新トラックバック